歯医者しか見抜けないサイレントキラーの歯周病

歯周病は、虫歯と同じく口のなかの細菌が原因となって起きる病気で、歯周疾患やペリオなどとも呼ばれています。
日本では国民の約80%がこの病気にかかっているとされていますが、自覚症状があまりないために知らない間に重症化してしまっている人も少なくありません。
そのため、歯医者さんではこの病気のことをサイレントキラーとも呼んでいます。

歯周病は、多くの人がかかる病気で、歯を失う原因としては虫歯よりもこちらの病気のほうが割合が高くなっています。
また、身体のなかの様々な不調の原因ともなり得る怖い病気です。
この病気が悪化した場合、糖尿病や脳卒中などにかかる危険性も増すため、普段から注意しておかなくてはいけない病気だと言えます。

歯周病の症状の出方や進み具合は人によって様々で、かかりやすさも人によって違います。
一説では、遺伝的な因子が関係しているとも言われています。
歯周疾患のうち、症状が歯肉に限定されているものを歯肉炎と言い、その他の組織にまで炎症が及んでしまっているものを歯周炎と言います。

主な症状としては、歯茎の腫れや痛み、出血などが見られ、口臭がきつくなるなどの症状が出ることもあります。
重症化してしまった場合には、歯茎の肉が減ってしまうために歯根部分が露出して、最悪のケースでは抜歯に至ってしまうこともあります。

歯周病の原因となる細菌は、プラークのなかに多く棲んでいるため、この病気にかからないようにするためには、普段から小まめに歯磨きをするなどのセルフケアが欠かせません。
歯医者さんでは、歯と歯茎の間にある歯周ポケットの大きさを測定することで、この病気の進行具合を確認することが出来ます。
また、予防歯科としてブラッシングの指導などもしてもらえます。
特に、東京の荒川区の歯医者では定期的な検診を徹底しており、患者に合わせた理想的な間隔で口内をチェックしてくれます。
東京など患者数が多い地域は、治療が終わると予防に関しては患者任せな部分が多いのですが、荒川区にある歯医者ならしっかりと指導してくれるのでおすすめです。

歯周病を防ぐためには、よく歯を磨くということが大切ですが、症状が悪化している場合には、歯医者さんで炎症を抑える薬を処方してもらうことが出来ます。
また、薬局やドラッグストアでは、歯周病予防のための薬用成分が含まれた歯磨き粉なども販売されています。

糖尿病にかかっている人では、免疫力が落ちているために、この病気にかかりやすいとも言われています。
そのため、生活習慣を見直すということも大切です。
歯周病の原因菌が血液のなかに取り込まれると、大量の毒素や炎症性の物質が作り出されてしまうため、メタボリックシンドロームなどの病気にもかかりやすくなります。

歯肉炎や歯周炎の進行を防ぐためには、ブラッシングも含めた普段の生活を改善することが欠かせません。
また、定期的に歯医者さんを受診して歯や歯肉の状態をチェックすることも大切です。
症状が悪化してしまうと、どうしても抜歯しなければいけない状態になってしまうため、歯茎の出血や痛みなどがある場合には、早めに歯医者さんを受診するように心がけてください。