咀嚼機能を取り戻すブリッジは入れ歯よりも良い?

歯が無くなってしまったときに咀嚼機能を取り戻す方法としては、様々なやり方があります。
入れ歯やインプラントなどはよく知られている方法ですが、ブリッジと呼ばれる治療方法もその一つです。
ブリッジというのは、歯が欠けている部分の両隣にある歯を土台として、そこに橋をかけるように人工の歯を装着するという歯科治療になります。
このときに使用する人工歯のことを、歯医者さんではポンティックと呼んでいます。

ブリッジを入れ歯と比較した場合、いくつかのメリットとデメリットがあります。
主なメリットとしては入れ歯よりも装着時の違和感が少ないことや、審美性に優れていることなどが挙げられます。
デメリットとしては、入れ歯よりも若干費用が高くなることや、奥歯には使用出来ないという点などがあります。
また、歯の欠損数が多い場合にもブリッジによる治療は出来ません。

歯医者さんでブリッジを行う場合、次のような手順になります。
まず、歯が欠けた部分の型を取り、おおよその人工歯の形を決めます。
次の治療では、欠けている部分の両隣の歯を削ってから再度歯型を取り、最終的な人工歯の形を整えます。
最後に出来上がった人工歯をセメントで接着すれば、ブリッジの治療は終了となります。
また、歯が欠けた部分に歯根のみが残っているような場合には、金属などで土台を作り、それを埋め込む手術が必要になる場合もあります。

ブリッジには様々なタイプがあり、素材としてはオールセラミック製のものやジルコニア製のものなどいくつかの種類があります。
保険適用で安価に済ませたい場合には、表面が白いプラスチックで出来たものや、金銀パラジウムを使ったものなどが用いられます。

咀嚼機能の点で比べると、ブリッジは入れ歯よりも優れているとされています。
それは、食べ物を噛んだ場合に入れ歯は一点で支えるのに対して、ブリッジでは歯根と両隣の歯の3点で支えることになるためです。
メンテナンスもしやすく、歯ブラシで歯磨きをすることに加えて、歯間ブラシなどを使って人工歯の下側を掃除することで、綺麗に保つことが出来ます。

ブリッジを保険適用で行ってもらうためには、いくつかの条件があります。
まず、欠けている歯は連続で2本以内でなくてはいけません。
それ以上間が空いている場合には、自己負担による治療となります。
また、使用出来る素材も限られていて、前歯から糸切り歯までの部分であれば表面が白いプラスチック製のもの、それより奥の部分には金銀パラジウム製のものを使うように決められています。
土台となる歯が弱っていて、2年以上持たないと判断された場合にも、自費による診療となります。

費用としては、保険適用のものであれば1本あたり1万円から2万円程度となっています。
審美性に優れたセラミックやジルコニアなどを使用する場合には、費用が自己負担となるため若干値段が上がります。
メンテナンスの際にかかる費用は、高くても3000円ほどです。
ブリッジによる治療を行う場合、保険適用となるためにも様々な条件があるので、詳しいことは歯医者さんで事前によく相談する必要があります。