インプラント治療の一つオールオン4について知ろう!

オールオン4は残歯が少ない場合や無歯顎に対するインプラント治療です。
片顎の義歯を4本のインプラントを埋め込むことで支えるという画期的な方法です。
以前は片顎8本から10本のインプラントを埋め込んでいましたが、オールオン4は4本の埋め込みで可能になりました。
コンピュータで綿密に計算された位置に斜めに埋め込むことで噛む力を均等に分散させることができます。

一般的に義歯を使用している場合、噛む力が弱かったり、発音がしにくかったりと不便に感じている人は多いはずです。
しかしオールオン4ではインプラントの上に義歯を固定することでしっかりと安定し、咀嚼が十分に可能になります。
他のインプラント治療と同じく、外科手術によって歯槽骨に穴をあけてインプラントを埋め込むのですが、本数が少ないことで体への負担も少なく、高齢者などでも比較的受けやすい治療です。
しかもサージカルテンプレートを使用することで歯茎の切開をしないで埋め込むことが可能になりました。

一番の特徴は何と言っても治療を受けた即日に仮歯を装着して実際に食事もできるという事です。
残存歯がある場合でも抜歯から埋め込み、仮歯の装着まで一日で行えます。
また手術においてもインプラントの埋め込みは骨量の多い前歯の付近を使用するので、従来の方法で必要となった骨量が少ない個所への骨移植も必要ありません。
インプラントと骨が融合するまで半年程度まってから正式な歯を固定します。

その方法は歯茎を切らない無切開で行うフラップレスインプラント法です。
歯茎を切開しないので痛みや腫れ、出血がほとんどありません。
コンピュータで計算されたサージカルテンプレートを使用する方法が一般的で、患者はサージカルテンプレートを装着し、そのガイドに定められた埋め込み場所の皮膚にインプラント直径分の小さな穴を開けます。
その位置にドリルを入れ、歯槽骨に穴をあけ、その穴にインプラントを埋め込むという方法です。
事前に仮歯を作製した仮歯をその上に装着するのですが、若干の調整を加えるだけなのでその日のうちに装着することが可能になります。

インプラントの治療費用にはその本数が大きく影響しますが、埋め込み本数が少ないので費用も少なく、身体への負担も少ない、ケアも簡単ということになります。
また義歯がしっかりと固定することで安定するので、従来の義歯のような不便さはありません。
従来の方法では身体への負担も大きく、高齢者が治療を受けることに様々なデメリットがあったのですが、オールオンの出現によって負担が軽減され、歯のある生活を取り戻すことが可能になりました。