インプラント手術後に気を付けるべき食事とは?

インプラント治療は身体への負担が少ないため、手術後であってもほぼ普段と変わらない生活をすることが出来ます。
しかし、歯茎を切開して金属部品を埋め込むという処置をするため、術後しばらくのあいだは食生活に気を付けたほうが良いでしょう。

実際にどれくらいの期間食事に注意をすれば良いかと言うと、これはだいたい抜歯をしたときと同じく2、3日の間と言うことができます。
この期間中は、縫い合わせた後の傷口が開きやすく、雑菌が入ることで感染症にかかるリスクも高い時期です。

また、手術直後であれば麻酔が効いているため、誤って唇や口の内側などを噛んでしまうこともあります。
インプラント手術を受けた当日も食事を取ることは出来ますが、麻酔が切れるまでの3、4時間くらいの間は食事を避けることが望ましいです。

手術直後に取る食事としては、なるべく熱いものや硬いものなどは避けたほうが良いと言えます。
これは、熱いものや硬いものが患部を刺激して、傷口を開いてしまうことがあるためです。
また、噛んだときの衝撃によって仮歯が取れてしまうこともあるので、硬い煎餅やナッツ類などは避けたほうが良いです。
なるべくおかゆやうどんなどの柔らかい食事を取るように心がけてください。

スープや豆腐、ヨーグルト、ゼリー飲料なども適しています。
必要であれば、栄養不足を補うためにサプリメントなどを摂取することも大切です。
しっかりとした栄養を摂ることで、手術した部位が早く癒着することを助けてくれます。

硬いものや熱いものだけでなく、カレーなどの辛いものやお酒やコーヒーといった刺激物も避けたほうが良いでしょう。
アルコールや辛いものを摂取すると、口内の血液循環が良くなるため、痛みや出血の原因となる場合があるからです。
とくにお酒の場合、感染症予防のための抗生物質や痛み止めなどと一緒に服用することで、悪酔いなどを生じてしまうこともあるため、手術後一週間くらいはこうした刺激物は避けたほうが無難です。

また、酸味の強いものや甘いものなども患部を刺激しやすいため、手術後しばらくの間はこれらのものも食べ過ぎないようにしてください。
食事の仕方も大切で、なるべく治療したのとは反対側の歯で物を噛むようにしたほうが、患部を刺激せずに済みます。
キャラメルやガムなど粘り気の強い食べ物は、仮歯が取れてしまうこともあるので、避けるべきです。

インプラントの手術後、長くても一週間くらい経てば普通の食事が出来るようになりますが、この場合も患部の痛みや出血の様子を見ながら、だんだんに普通の食事に戻すようにしてください。
手術後2、3日の間は埋め込んだインプラントがきちんと定着するためにも大切な時期です。
無理のない食事をして、患部に必要以上に負担をかけないことが大切です。