インプラントの手術は痛い?無痛治療はできない?

インプラント治療は歯が完全に抜けてしまった人や、治療が出来ない状態にまで虫歯が進行してしまっている場合にはとても有効な治療方法です。
しかし、外科手術を伴うために痛みが不安で思いとどまっていたり、無痛治療が出来る病院を探しているという人もいるのではないでしょうか。

実際には、インプラントは虫歯治療や抜歯などと比べても痛みが少ない治療方法で、ほぼ無痛の状態で治療を受けることが出来ます。
インプラント治療をする場合には、一本の歯につき約20分から30分ほどの時間がかかります。
手術をする際の手順は次のようになっています。

まず、インプラントをするには、口のなかを清潔な状態に保っておかなくてはいけないため、歯科衛生士による口内のクリーニングが行われます。
次に、歯茎を切開した上で顎の骨にドリルで穴を開け、人工歯の土台となる金属部品を埋め込んでいきます。
最後に仮の歯を上から被せれば、その日の手術は終わりとなります。
手術後には、歯科用レーザーなどを使用して止血を行うこともあります。

手術前には注射器によって局部麻酔を行うため、骨に穴を開ける時や金属部品を埋め込む時にも痛みを感じることはありません。
なかには麻酔の注射を打つ際に痛さを感じるという人もいますが、表面麻酔をすることで注射時の痛みを抑えることが出来ます。

一度に複数のインプラントを行うなど、手術が長時間になる場合には、途中で麻酔が切れてしまうこともありますが、追加麻酔をしてもらえば大丈夫です。
また、奥歯にあたる部分にインプラントをするケースでは、麻酔が効きにくいため若干の痛さを感じるという人もいます。
この場合には、麻酔の量を調整することで対応が可能なので、事前に歯科医師と治療のやり方についてよく相談しておくと良いでしょう。

インプラント手術では、患部に歯茎や別の部分の骨などを移植するケースもあり、歯茎の厚みが足りない時などにこうした追加の処置が行われます。
歯茎の移植をする人では、手術後に若干の痛みが残る場合があります。

外科手術を受けるのがどうしても不安だという方には、静脈内鎮静法という方法が用いられます。
これは、血管内に鎮静薬を注入するという方法です。
静脈内鎮静法では、患者さんはリラックスしてうたた寝をしているような状態になるため、痛みや不安を感じずに手術を受けることができます。

インプラントの手術後には、若干の痛みや炎症などが残る人もいますが、ほぼ抜歯時の痛みと同程度のものとなっています。
歯科医院からは、手術後の痛み止めの薬も処方してもらうことが出来ます。
アルコールやタバコなどは出血や炎症の原因となってしまうので、数日間はなるべく避けたほうが良いでしょう。